マンション投資,、節税対策、節税効果、利回り

マンション投資の節税対策、節税効果

 

マンション経営(マンション投資)を行う場合、

 

総収入から必要経費(管理手数料・建物修繕費、減価償却費、固定資産税など)を

 

差し引いた金額が「不動産所得」

 

この不動産投資による赤字は他の所得の黒字と相殺することができ、

 

その結果、所得税の還付が受けられます。

 

この節税効果は、所得税だけではなく相続税においても威力を発揮します。

 

例えば8千万円の現金があれば、その100%が相続税の評価額。

 

ところが、8千万円で不動産を購入すると、建物と土地の相続税評価は約60〜70%程度となり、

 

相続税を節税することが可能です。 このようなメリットもあります

 

また、新築マンションほど減価償却の償却率やローン金利が大きいため、

 

税務上は赤字となるのが一般的です。

 

この赤字分は、「損益通算」で給与など他の所得から差引くことができるので年収の総額が抑えられ、

 

所得税や住民税が軽減される節税効果があります

 

 

マンションオーナーになりませんか?不動産投資、資料一括請求!【無料】 >>>

管理人のおすすめ企業