マンション投資,利回り、失敗,節税

マンション投資 利回りはどうなの?

マンション投資 購入時のコストの注意点

 

利回りとは、「投資した額に対して1年間でどのくらいの収入を得ることができるか」を数字で表したものです。これを計算式で表すと・・・

 

年間収入÷投資金額×100

 

これが利回り計算の基本式です

 

 

 

 

「表面利回り」

 

マンション投資の指標である利回りはマンション価格に対する年間収入の割合を単純に示したもの

 

 

表面利回り(%) 年間収入÷不動産マンション価格×100

 

 

 

「実質利回り」

 

マンション購入時とマンション保有時における、それぞれの諸経費を勘案したもの

 

 

 

実質利回り(%)(年間収入−保有時の諸経費(固定資産税、都市計画税))÷(不動産マンション価格+購入時の諸経費(建物に対する消費税、不動産仲介手数料))×100

 

 

利回りは条件を厳密にするほど下がってきます。

 

 

「修繕費を計上する」
「賃借人の入れ替わりを考える」
「空室の期間を考える」
「家賃の設定を変える」

 

 

厳密になれば、リアルな利回りがわかるようになります

 

 

 


「新築マンション物件」と「中古マンション物件」の利回りの比較

 

マンション投資 利回りはどうなの?

新築マンションの利回り

耐用年数が長い。

 

新築マンションは中古マンションに比べて、耐用年数が長い

 

当たり前のことではありますが、不動産を長期に渡って保有することができ、

 

そのぶん家賃収益を得ることが出来る

 

また、売却する際、中古マンションに比べ、高く売ることが、可能

 

 

設備等の充実

 

新築マンションは、その時点の最新の設備が備わっていることが多い

 

オートロックや24時間セキュリティなどの防犯対策、宅配ボックスや、

 

水周りなどの設備等は普通は中古物件に比べて、充実しています

 

 

空室率の低下

 

 

賃貸物件を選び際に、新築と中古があったとすると、予算や場所をクリアした場合は

 

新築物件を選びます。新築マンションほうが中古マンションにくらべて、空室になるリスクは低い

 

 

 

 

中古マンションの利回り

価格が安い

 

新築マンション物件と比較すると、中古マンションの件のほうが価格が安くなります

 

小額での不動産投資が可能となり、利回りも向上しやすい

 

家賃収入が同じならば、価格の安い中古物件のほうが表面利回りは当然のことながら多くなります

 

しかし、新築物件よりも管理費などが高くなることが多い面もあります

 

 

 

 


管理人のおすすめ企業