マンション投資,、ローン、返済、失敗、リスク

マンション投資ローン返済・ローンの借り方について

小規模では1,000万円位から始められるマンション投資・不動産投資。

 

でも資金を用意するのは大変です。

 

 

ローンを組んでマンション投資をする人がほとんどだと思います

 

ローンを組めば、自己資金が少なくてもマンション投資を始めることが可能です

 

担保があるのだから、ローンを組むのは比較的簡単とはいかない場合が多い

 

マンション投資のためのローンを借りるのは意外と難しい…

 

 

 

金融機関の融資判定ポイント

 

 

原則として借り手の人物評価と購入する物件価値が問われます

 

住宅ローンの残債や不動産投資用のワンルームマンションの残債などが存在していると

 

融資金額も少なくなるようです

 

 

 

@担保価値

 

 

購入物件そのものに対する評価です。当然のことですが、

 

悪い買い物やろくなものを買うような人に普通は援助はしません

 

マンション物件にも当てはまることです

 

担保評価が住宅ローンなどに比べて厳しい

 

そのために「頭金」用意することになります

 

 

 

A返済能力

 

 

マンション投資ローンの場合、購入する物件からの賃料収入は

 

原則として返済の原資として認められません

 

「賃料収入からの返済」は金融機関は当てにしていません

 

 

普段収入から返済できるか?を見ています。

 

「物件」ではなく「人」をみるという実生活の審査と同じで

 

まじめにコツコツ返してくれる人かどうか?が判断基準のようです

 

 

 

 

提携ローンを利用する

 

提携ローンを利用するのは自ら金融機関をあたるよりも借りやすい

 

面倒な事務手続きも販売会社が代行してくれます

 

 

 


マンション投資ローン返済のリスクを回避する方法

 

 

 

マンションに投資をする際にローンを借りるメリットは

 

ローンを借りる際に団体信用生命保険に加入するため

 

万が一のことがあった場合、保険金がおりてローンが清算される

 

マンションを家族に残すことができるというメリットが生まれます

 

 

 

 

 

住宅ローンの場合は、住宅そのものは収益を生まないため、

 

毎月の給与などの収入か ら返済しなくてはなりませんが

 

マンション投資には節税のメリットもついてくる

 

 

購入した一棟アパート、一棟マンションの居住者の方が家賃として

 

貴方に代わって返済してくれるのがマンション投資・不動産投資のよいところ

 

たとえ不幸にもリストラ、病気での長期療養などで収入が途絶えてしまったとしても

 

自分の稼ぎから返済している訳ではありませんから返済が滞ることはありません

 

 

ここがマイホーム購入の住宅ローンと大きな違い

 

住宅ローンは貴方の収入が途絶えたとたん返済不能。

 

不動産投資の中でも一棟アパート経営、一棟マンション経営は

 

マイホーム購入と比べても安全な投資です。

 

 


管理人のおすすめ企業